地獄で冤罪(世にも奇妙な物語)の結末と意味を考察!原作は?

アイキャッチ画像 (4) 原作
記事内に広告が含まれています。

俳優の北村一輝さんが、
『世にも奇妙な物語’23 秋の特別編』
「地獄で冤(えん)罪」で主演に。

更に声優の花江夏樹さんが声だけで
無実を訴える三雲一郎役で出演されるので、
非常に面白い作品になっていましたね♪

花江の演技に対し、
北村さんがどう演じるのか?
見終わったあと“ハッと”させられるような
結末。

そこで今回は

地獄で冤罪(世にも奇妙な物語)の結末と意味を考察!原作は?

として『地獄で冤罪』のネタバレと
原作についてまとめてみました!

地獄で冤罪(世にも奇妙な物語2023秋)の結末と意味を考察!ネタバレも

「世にも奇妙な物語2023秋」のストーリーでは
一番怖さを感じる作品かな?と思えた
『地獄で冤罪』。

あらすじをみても伝わってきたけど
どんな意味がタイトルに隠されているのか?
結末は??
みていきましょう!

意味

今作を担当された辻野氏は

「死刑制度や冤罪問題を
テーマにした社会派ドラマ」
「“世にも”らしく奇妙な展開やトリックも
盛り込んでいます」

とコメントされていました。

そりゃただの裁判であれば
そこまで奇妙さもない。

でも地獄での話だし
意味があるとしか思えないし、
主人公山根と声の主・三雲一郎との過去に
繋がりがあった、
わざわざ山根に声をきかせる意味も
「冤罪をはらしてほしい」
「山根に訴えるから意味がある」のかも。

「航平に訴えるから意味がある」は正にそうで、
ホントは山根の行いを裁くものだった。
既に行動を思い出させる行為から、
裁判は始まり最後に言い訳をしたことで
有罪を受けてしまった。

『地獄で冤罪』は山根のことだった
こう意味を理解するのが
自然かもしれませんね。

で、山根の家族が既に殺害されていたのは、
過去の事件を知っていたにも関わらず
見て見ぬふりをした山根への制裁、
地獄の裁判官がしたことかと。

あと、
「三雲は天国に行った」と言われていたけど、
結局まだ地獄の扉の向こうから
三雲の声が聞こえたので、
何らかの罪を本当に犯していて
また彼も天国へは行けず、
という感じでしょうか?

山根の家族がどうなったかは気になるけど、
地獄から声は聞こえなかったし
天国にはいるとは思いまたが。

結末

実際の結末は

山根自身の裁判で地獄に落とされる

という結末でした!

放送前で予想できる結末は
「地獄で裁判に勝ったことで
山根は現実世界に戻れなくなるのでは?」

と思っていましたが。

失敗は許されないでしょうし、
死刑執行された三雲のこと
が心残りだったとしたら?
三雲は晴れて自由の身だけど、
山根は普通では成し遂げられない
裁判に勝ち・・・現実世界に戻れない。

今後、冤罪になった人や地獄で
苦しんでいる魂の声が聞こえ続け、
いずれにしても普通の生活が
送れなくなるのでは?

こんな感じに思っていましたが
全く違う結末でしたね!

ネタバレ

ここからは本編のネタバレになります。
公開されていたあらすじはこちら↓

弁護士の山根航平(北村一輝)が
夜遅く誰もいない事務所で仕事をしていると、
部屋の向こう側から
「僕は、無実なんです!冤罪なんです!」と
狂気を帯びた声が聞こえてくる。

突然の事に恐怖を感じる山根。

その声の主は、
殺人の罪で先日死刑が執行されたはずの
三雲一郎(花江夏樹)だった。
三雲が言うには、
自分は冤罪で死刑になり地獄に落ちた。

そしてさらに地獄でも裁判を
受けているという。
ここでも無実を証明できなければ、
地獄で永遠に苦しむことになってしまうと
山根に必死に訴える。
山根は不信感を持ちつつも、
三雲の無実を証明するため
地獄の裁判の弁護を引き受けることに。

山根が事件を調べていくうち驚愕の事実が
明らかとなっていく。
※引用元:世にも奇妙な物語公式サイト

この地獄の裁判で何があったのか?
どうなっていくのか? というところ。

三雲の無実を証明するため
地獄の裁判の弁護を引き受けることにし、
山根が事件を調べていくうちに、
ドライブレコーダーに刺青のある男が
写っていたことが明らかに!!!

・・・証人尋問を始めざるをえなくなった山根。

更にドライブレコーダーに
刺青のある同じ男の顔が
はっきりと映し出されており、
山根は気分がすぐれない。

気になった山根は事件を探るうち、
刺青の男が長沼という人物だと
三雲の声に諭される。

山根は事件の日のことを覚えていた。
三雲のことを警察には知らせず、
いや、正確には行こうとして
長沼に脅されたようだが?

三雲は天国に行った、と告げる長沼。

しかし・・・これは『山根の地獄の裁判』だった。

山根の奥さんと娘は殺害され山根は殺害
されていた。

しかも、
長沼は実は地獄の裁判官で
山根は地獄にいて裁判を受けていた。
全ての記憶は自身の罪を思い出すため。

山根の判決は・・・有罪。

何もしないことは大きな罪

・・・地獄の扉は開き山根は地獄の世界へ・・・

既に山根は死んでいた、
しかも家族が殺害されていた

というストーリーでした!

地獄で冤罪(世にも奇妙な物語)の原作は?

怖さも残りそうなお話ですが
「世にも奇妙な物語」では原作があるのは
よくあります。

『地獄で冤罪』には原作はあるんでしょうか?

原作・脚本

『地獄で冤罪』の原作はありません。

内容が伊坂幸太郎さんが書かれた
「死神の精度」っていう作品っぽいから
てっきり原作ありきの作品だと思っていましたが。

原作がないので脚本や演出担当を調べてみると
“辻野正樹“氏のオリジナル脚本でした。

劇作家、演出家、
映画監督で広く活躍されている方で
長編映画「河童の女」も知られています。

個人的な印象だけどホラー作品を
作られているなと思っているので、
今回の『地獄で冤罪』も怖そう・・・
と思っています💦

辻野氏は舞台作品も多いので、
そちらの方が彼の世界観やリアリティさが
より感じらるかもしれません。

出演者・キャスト

「地獄で冤罪」の出演者とキャストはこちら。

【キャスト】
山根航平・・・北村一輝
三雲一郎(声)・・・花江夏樹
長沼拓也・・・鈴之助

【スタッフ】
脚本・・・辻野正樹
演出・・・松木 創
編成企画・・・渡辺恒也、長嶋大介、水戸祐介
プロデュース・・・中村亮太
制作フジテレビ
制作著作共同テレビ

原作がないのでやはりどこまで奇妙さが残るのか?
花江さんの演技と北村さんとの掛け合いには
注目でした!

【地獄で冤罪(世にも奇妙な物語)の結末と意味を考察!原作は?】まとめ

●俳優の北村一輝さんが、
『世にも奇妙な物語’23 秋の特別編』の
「地獄で冤(えん)罪」で主演を演じ、
声優の花江夏樹さんが声だけで
無実を訴える三雲一郎役で出演した。

●結末は山根自身の裁判で地獄に落とされる。
『地獄で冤罪』は山根のことで
山根の家族が既に殺害されていたのは、
過去の事件を知っていたにも関わらず
見て見ぬふりをした山根への制裁、
地獄の裁判官がしたことかと思われた。

●原作はなし。
辻野正樹氏によるオリジナル作品

コメント

タイトルとURLをコピーしました