スキップ(世にも奇妙な物語)の意味と結末ネタバレ!赤楚衛二が怖い?

アイキャッチ画像 (6) 原作
記事内に広告が含まれています。

2021年11月6日(土)放送された
【世にも奇妙な物語2021秋の特別編】の
「スキップ」に赤楚衛二さんがでていました。

さえない大学生活を送る主人公
大倉幹夫(おおくら・みきお)を演じる
赤楚さんが見覚えのあるマークが描かれた
“開かずの扉”鍵を拾ってしまうことから
物語りは始まります。

どんな奇妙な代償が、
待っているんでしょうか・・・?

スキップ(世にも奇妙な物語)の意味と結末ネタバレ!赤楚衛二が怖い?

としてまとめていきます!

スキップ(世にも奇妙な物語)の意味と結末ネタバレ!

いかにも世にも奇妙な物語やん!と
思った人が多そうな【スキップ】ですが、
意味深な空気しかないタイトル。

【スキップ】ってどんな意味なんでしょうね?

スキップの意味

スキップは

  • 片足で2歩ずつ交互に軽く跳びながら進む
  • 飛ばす
  • ある場所をとばして先へ進む

といったのが本来の意味。
ただ本作の結末から考察すると意味は

ある箇所を飛ばして先へ進むこと

がしっくりきそうですね。

冴えない大学生が開かずの扉を開けた、
これは自分の行きたいところや
場面に勝手に行けてしまう・・・

でも結末にその代償は含まれていたんですね。

結末・ネタバレ

ネタバレとしてはこちら。

祖母から

「絶対に入ってはいけない。
中に入ったら、二度と出られなくなる」

と言われた大倉家にある“開かずの扉”を
幹夫は開けてしまう。
自分が望む行先に行けるわけだが、
見えなかったある存在に
自分の人生を乗っ取られ、悪夢が始まる。

実は・・・ある人物=兄だと思っていた人物は
全く別の人物で驚愕の未来が待っていた!

これが大まかなネタバレ。

結末は

  • 息を引き取ったはずの兄が未来にいて
    幹夫は自身の顔も変わり
    自分自身を見失ってしまった

というバッドエンド。

みてるとゾクゾクしたし、ホントに怖かった。
演じている赤楚さんの演技が
物語りを余計恐怖にしているようでした!

スキップ(世にも奇妙な物語)の赤楚衛二が怖い?

赤楚さんは2017年『仮面ライダーアマゾンズ』
長瀬裕樹役
同年9月『仮面ライダービルド』の万丈龍我
仮面ライダークローズ役 など
多数の作品に出演。

他のドラマでも演技は上手いんですよね♪

赤楚衛二の演技の評判は怖い?

放送前でも相当期待の声がでていましたが
ドラマ放送後ではやはり評判が良かった!

  • 今まで見た事が無い恐怖に歪む
    赤楚くんの表情がとても新鮮でした。
    場面毎にくるくる変わる表情も。

    しかし、ラスト不気味でした…
    (個人的には普段こんなにカメラに寄る事
    無いんじゃないかという位
    赤楚くんのアップが見られたのも良かった。
    睫毛長かった)
  • 赤楚衛二のお芝居最高だった。
    最後の表情とかすごすぎ。
  • 赤楚くんの怖がったり泣き叫ぶ演技
    最高すぎたな…
    こういう赤楚衛二を待ってた。
    坂口涼太郎さん素で怖いし
    柳俊太郎さんも上手くてキャスト良かった
    ホラー系というかメンタルにじわじわ来るやつ

赤楚さんの演技も良かったし、
奇妙な物語ならではのストーリーと世界観、
恐怖も相まって凄い作品だなと
私も感じました!

今後の世にも奇妙な物語も
また楽しみになってきますね!

【スキップ(世にも奇妙な物語)の意味と結末ネタバレ!赤楚衛二が怖い?】まとめ

●2021年11月6日(土)
【世にも奇妙な物語2021秋の特別編】で
赤楚衛二主演「スキップ」が放送された。

●スキップの意味は
ある箇所を飛ばして先へ進むことが
一番腑に落ちる意味合いで、
結末は大きな代償で現実世界には
戻れなくなってしまった。
バッドエンド。

●赤楚衛二は元々演技に定評がある。
ドラマ放送後にも演技が良かった・
表情が良かったなどの感想がでていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました